文法とは何か?

文法とは何か? 文法とは、言葉に関する簡単なルールと機能のことです。 また、構文や音声学、形態、意味論なども文法の類です。 英語講師は、模範的な文法を強調する傾向があります。それは評判の高い教材による、話法の基準です。 講師は、ある人の文法が正しいか正しくないのかを判断するためにこれらの教材を使っているのです。 しかし、言語学者は別の視点から見ています。

 

addesign
言語学者はこれに対して、文法のカテゴリーにある記述的な文法を重要だと感じています。 記述的な文法こそ、実際に言葉を話すための文法なのです。 どう話されているのかというと、もちろん国から国、地域から地域で変化をします。 言語学者は特定の地域の基準を調べ、それが世界の特定の地域への記述的文法だとしたのです。 それゆえに、一部の英語は記述的文法という話になれば理論的には正しいかもしれませんが、 模範的な文法と判断されるのは不正確なのです。


From the movie: Love is Never Silent 
頭が混乱してしまいましたか? 大丈夫です、あなたは一人ではないのですから。
模範的な文法は言葉を教えるために使われています。スタンダードな言葉の説明を維持するためです。 これは、たとえばあなたが外国人で、東北弁を東北地方で勉強する状況を避ければ、役に立つものです。 東北弁だと、あなたの言葉を理解してくれる人を探すのは大変でしょう。。 繰り返しますが、スコットランドのある特定の地域であなたが唯一理解をしているような状況を避けるために 役に立つものです。


講師たちはスタンダードなの英語を教えているので、世界の多くの人たちはあなたと話せるでしょうし、あなたを理解してくれるでしょう。 私たちも、ケビンズイングリッシュスクールでスタンダードな英語を教えています。

 

By Kevin Burns

watch-your-head

Advertisements

Author: kintaro63

Writer and teacher in Japan

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s