Blog

会話スクールに通うのは時間の無駄か?

英会話スクールに通うのは時間の無駄か?

英会話スクールに通うのは時間の無駄だと言う話を時々耳にします。

さらに、子供のレッスンはほとんど遊びだという人もいるようです。

Manabu, Hiromi, Masami。

ケビンズイングリッシュスクールで学び、アメリカの大学を卒業した

彼らに会ったことはないでしょう。

もちろん彼らはスクールだけでなく、自分自身で一生懸命勉強していました。

英会話スクールに通うことは、出発点なのです。

自宅でもたくさん勉強をしなくてはならないのです。

多少お説教のように聞こえるかもしれません。

でも、上にあるようなコメントを耳にするとがっかりしてしまいます。

しかし、これは日本中で起きているようです。

日本にもDavid Paul. Lisgo, Happy English Clubがあり、

英語を学ぶ方の手助けとなっています。MasamiやManabuもそうでした。

日本は信じられないくらい急激に変化しており、英会話スクールは

それを促進させている要因のひとつです。決して時間の無駄ではありません。

私達のような小さなスクールも、この国を国際化させるお手伝いを

しているのです。

私達は時々思い出す必要があります。

私達英語の専門職が、英語を学ぶ生徒さんたちの手助けをすることは、

長期目標であり、長期に渡るということを。

水泳を習うこととは違うのです。英会話を学ぶことは、ピアノを習う

ことと似ています。2,3回のレッスンでベートーベンの曲をお母さんの

前で披露することはできないでしょう。でも、泳いでみせることは

できるでしょう。英語を学ぶことは水泳を習うこととは違うと思って

下さい。しかし、残念ながら多くの方がそう信じているのです。

もし一年間だけ英会話スクールで習ったとしても、

私が何を話しているのかを理解できないかもしれません。

もう一度いいますが、これは長期に渡る目標であり、たった

一年間で生徒さんの進歩度をはかるのは難しいことです。

これは、10年間に及ぶプロジェクトなのです。

日本をより国際的にし、他国の文化ををもっと理解できるようなお手伝いを

少しでもする・・のが英会話スクールです。そして私達はゆっくりと

国際語を教えているのです。

何か間違っているでしょうか?

これ以上は思いつきません。

ケビンバーンズ

Labels: 英会話スクール南足柄市、英会話スクール小田原s

Advertisements

新百合ヶ丘の英語の先生であるケビン・バーンズについて

新百合ヶ丘の英語の先生であるケビン・バーンズについて

私の名前はケビンバーンズ、カナダのバンクーバー出身です。私は30年近く日本で英語を教えてきました。私はあなたに英語を教えられることを楽しみにしており、日本とカナダでの経験を共有したいと思っております。私はあなたの人生におけるあなたの経験を聞くことを楽しみにしています!

“好きなことを仕事にすれば、一生働かなくてすむ。”

– 孔子

私は日本の英語教師であることを楽しんでいました。私自身、日本とカナダについて多くの事を学んできました。あなたもきっと他の国での生活や仕事から多くのことを学んでいると思います。

私の3人の子供はバイリンガルです。私は子供たちを誇りに思います!私も日本語を話しますが、自分自身をバイリンガルになろうとは思いません。そのせいで多くの厳しい状況にぶつかりますが、何とか解決しようとします。

約7歳の時に私は頭の中で、いつか日本に行かなければならないという思いました。どうしてそう思ったのか正確には分かりませんが、日本の博覧会や東京オリンピックに関するドキュメンタリーを見ていたんだと思います。

私の人生はいつも私を日本へ行くように導いてくれているようでした。私の兄は、ある日、日本の友人を家に連れてきました。彼女の名前は久美子で、私にとても親切に接していた事を今でも覚えています。

私が12の時、地元のテニスのトーナメントでプレーし、最終的に私は日系カナダ人である岩崎健に勝ちました。彼と私は親友になり、日本の文化でたくさん包まれている彼の家によく訪れました。彼の家に訪れる時、私は彼らの黒い髪、深い茶色の目を見ることが楽しみでした。私は日本の食べ物を試し、日本の記念品や家具を見て楽しんでいました。私の家とは全く違っていました。

私はいつも自分の事を面白いと思っていました。私はある日、スティーブ・マーティンのような有名なコメディアン、またはマイケル・J・フォックスのような面白い俳優(バンクーバー出身)になれることを夢見ていました。

ブリティッシュ・コロンビア大学卒業後、舞台演劇の学士号(副専攻が歴史)を取得した後、コメディアンを目指しました。私はバンクーバーのPunchlinesとYuk Yuk`sでコメディー披露しました。私はインタビューを受けて、CBCラジオで小さなコメディーを披露しました。私は友達を笑わせました!

映画のKevin Burns、 “Love is Never Silent”

しかし、それは非常に困難だったことに気づきました。 24の時には、都市から都市へ、さまざまなコメディ会場で漫才をし、月に2,000ドルほどのスタンドコメディアンとして仕事をしていました。それは私にとって十分な額ではなかったです。

私は打たれ強い人間でした。20代後半にThe Tokyo Comedy Storeを創設しました。しかし、私は劇場やコメディーの内部での揉め事に飽き飽きして、英会話スクールの管理と指導に専念しました。The Tokyo Comedy Storeは今日まで続けられ、英語を話す人々の日常生活に笑いの休息を与えています。

写真:ケビンゲストハウス、箱根の近く

私が本当に欲しかったのは、白いピケットフェンスがある家と親切で世話をする妻と子供たちでした。私は仕事のためにいつも外に出たくなかった。だからゆっくりできる家が欲しかった。私はまた、時間とお金があるときに旅行したいと思った。

妻と私は箱根の近くにカナダの家を建てました。南足柄市にあり、airbnbでゲストハウスとして営業しています。また、もう一つ箱根の近くにアメリカ式コテージのゲストハウスもあります。

写真:メリー・ルーのゲストハウス、箱根の近く

私は日本が人生のためのすばらしい拠点となり、子供たちを育てる安全な場所だと思いました。楽しく、興味深く、財政的にとても良い強力な国で生活ができ、また、その価値の高い通貨を使って他の国に旅行することで、私は多くのことを見て学ぶことができました。私は日本で人生のほとんどを過せて幸せです。

しかし、私は日本語を話せますし、多くの人よりも長く日本に住んでいますが、私はまだ外人と呼ばれています。日本に29年も住んでいます。

時には警察の民族の違いによる職務質問がありますが、ここでは主に「外国人は臭い」というようなコメントである。幸いにも暴力的なことは何もありません。日本は一般的に見ると素晴らしい場所です。ほとんどの日本人は外国人について気にすることはありませんし、外国人のことが好きっていう日本人もいます。

教育法には優れた方法がたくさんあります。私は良い所得と旅行する自由があります。私は古い日本の建築物の建築と新しい建物のどちらも好きです。また、日本文化の多くの繊細な芸術、例えば茶道や生け花も好きです。

私はまた、着物や浴衣のような驚くほど繊細な芸術のある衣類、そして日本のアーティストが描いたすばらしい絵も好きです。

日本食もとても気に入りました。美味しくて、健康的で、見栄えもとても良いです。

文学に関しては村上春樹が好きです。これからはもっと日本人作家の多くの本を読んでみたい。

みなさんには、おかしいと思うかもしれませんが、日本人の清潔感が本当に好きです。日本人は日常的に入浴する傾向があり、きれいに服を着て、玄関で靴を脱いぎ、きちんと物を大切にしています。私はすごいと思いました。

大学からの夏休みにコロンビア大学で働いていた時、私は何百人もの日本人学生に出会えてほんとによかったと思いました。私は彼らが魅力的であると感じ、より日本への関心が高まりました。

日本に住んでいた人そして、日本に英語を教えたことがある人に会ってたくさん話しました。私はバンクーバーでできる限り多くの日本人に出会い、話をいろいろ聞きました。そして25歳で、私は日本に行き、1年間英語を教えることに決めました。しかし、1年間のつもりでしたが、気づいたら何年も教えていました。

名古屋のセントメリーズカレッジ、渋谷、本厚木、藤沢、町田のECCで教えました。町田YMCAでも教えました。

人生を通しての私の教義の一つは、常にスマートに働くためにできるだけ多くのことを試してみることです。その意味は、懸命に働くことは良いことですが、たまには遊ぶことも大事ってことです。仕事や遊びで時間を最大限に活用することがとても大切だと思います。また、私は自分の仕事を楽しんでいることを再確認したかったのです。だから私は英語の先生、ゲストハウスオーナーになれてとても嬉しいです。だから私はケビンズイングリッシュスクールを始めました。

皮肉なことに芸人になるためにたくさん経験してきましたが、その経験を英語を教えるのに役立てるられるので、面白い先生になろうと思いました。私は授業を本当に楽しみました!私は黒板とかに書くときも面白くしようとします。私はKeio SFCで教えたことがあり、今は駒沢女子大学(駒女)で教えています。また、何年も東海大学で教えています。

私はウェイン・ダイアー博士のファンであり、彼はいつも自分の人生において自由を増やそうと努力している人です。彼が選ぶ自由は、財政の自由です。それがケビンズイングリッシュスクール、ケヴィンズゲストハウス、メリールーのゲストハウスを始めた理由です。私はYouTubeからもお金を稼ぐことを考えています。私の友人のエリック・バーグは、YouTubeチャンネルEricSurf6だけでお金を稼いでいます。私は彼がすごいと思いました。

日本にしばらくいるのであれば、日本で英語を教えることはかなり収益につながるでしょう。また、良い生活と自由な時間を与えるという点でも非常に有利です。しかし、注意点:医者や弁護士ほどは儲からない。しかし、休暇について言うのであれば有利である。特に大学で教えるのであれば、人生を楽しむ時間に恵まれることでしょう。

日本は過度に働きすぎだと思う。周りを見ると、本当に好きではない仕事で残業している多くの人たちがいると思います。

ある人は今している仕事が好きじゃなくても、いずれ好きな仕事に変わるかもしない。またはあなたが愛している仕事を見つけることが大切だと思います。あなたの情熱、技術に従うことが大事だと思います。私たちはどちらが自分にとって最高の案かを決める必要があると思います。

誰もが避けて通ることが困難な問題だと思います。私はいつも新しい挑戦を今でも探しています。

私は書くことが好きで、人を助けるのも好きです。私は面白いこと好きで、書いたり、教えるときに面白いことをすることがよくあります。また、私は教えることが好きで、英語を教えながら多くの人々と出会うことも好きです。

私は、新百合ヶ丘、町田、南足柄、小田原でみなさんに英語を教えられることを楽しみにしております。

ケヴィンバーンズ

About Shinyurigaoka English Teacher, Kevin Burns

About Shinyurigaoka English Teacher, Kevin Burns

kev3

 

My name is Kevin Burns, I am originally from Vancouver, Canada. But I have taught English in Japan for almost 30 years now. I look forward to teaching you English, and sharing some of my experiences in Japan and Canada. I look forward to hearing of your experiences in your life!

 

“Find a job you love and you’ll never work a day in your life.”

– Confucius

I`ve enjoyed being an English teacher in Japan, and I have learned a lot about myself, Japan and Canada too. You learn so much from living and working in another country.

 

My three children are bilingual. I`m proud of them! I too speak Japanese, but wouldn`t label myself as bilingual. But I bumble my way through many situations, and manage.

 

At about seven years old I got the idea in my head that one day I had to go to Japan. I`m not sure why exactly, but I think I had been watching a documentary about Expo in Japan or the Olympics in Tokyo.

 

Life always seemed to lead me in the direction of Japan. My brother brought a very good Japanese friend home one day, her name was Kumiko and she was great! She was very kind to me I remember.

 

At 12, I played in a local tennis tournament and in the final I beat Ken Iwasaki, a Japanese-Canadian. He and I became best friends and I often visited his home, which was an oasis of Japanese culture. I enjoyed looking at their raven hair, and deep brown, almond eyes. I tried Japanese food and enjoyed looking at their souvenirs and furniture from Japan. It was all so different from my house.

 

img_0919-3

 

I had always prided myself on being funny. It was who I was I felt. I dreamed of one day being a famous comedian like one of my idols, Steve Martin or a comedic actor like Michael J. Fox (also from the Vancouver area).

After graduating from the University of British Columbia with a bachelor`s degree in Theatre (minor in History), I pursued my dream of comedy dominance. I performed at Punchlines and Yuk Yuk`s in Vancouver, I was interviewed and did a little comedy on CBC radio and I made my (drunken) friends laugh!

img_0696-1

Kevin Burns as an extra, in the movie, “Love is Never Silent”

I came to realize however that it was very difficult. At 24 I envisioned a career as a stand up comedian, traveling from city to city, performing in various comedy venues and making around 2,000 dollars a month. It would not have been enough for me.

I was a glutton for punishment. I founded the comedy club that went on to become The Tokyo Comedy Store when I was in my late 20s. But I got tired of the infighting of theater and comedy, and chose to concentrate on managing my English schools and teaching. The Tokyo Comedy Store continues until this day, giving English speakers a comedic break from daily life.

 

img_0161-5

Pictured: Kevin`s Guest House, near Hakone

What I really wanted was a home (with a white picket fence), a kind, caring wife and children. I didn`t want to be out on the road all the time for work. I wanted a home. I also wanted the time and money to be able to travel when I wanted and where I wanted.

My wife and I built a Canadian house near Hakone, Japan. It is located in Minamiashigarashi, and we rent it as a guest house now with Airbnb. We also have another guest house in an American style cottage, also near Hakone.

img_0677

Pictured: Merry Lue`s Guest House, near Hakone

I thought Japan would be a great base for my life and a good safe, place to raise children. Making my living in a pleasant, interesting and financially powerful country, and use that highly valued currency to travel in other countries, has allowed me to see and learn many things. I am blessed to have lived most of my life in Japan.

I find it puzzling though, that, although I speak Japanese, and I have lived in Japan longer than many people, – 29 years now. I am still called: “gaijin.”

Although there is ethnic profiling by the police at times, and some racism here and there- mostly comments about “how foreigners smell.” There is nothing violent fortunately. Japan is generally a great place.    Most Japanese don`t mind non-Japanese, and some love foreign people.

 

Teaching has been great in many, many ways. I have a good income and a lot of freedom to travel. I enjoy Japanese culture.
I love the architecture of old Japanese buildings, and many of the new buildings too. I love the subtle art of much of Japanese culture, for example: tea ceremony, or ikebana.

 

I also like the more astounding artistic aspects like kimono or yukata, and some of the amazing paintings Japanese artists have done.

 

I enjoy Japanese food too!  The food is good, healthy and even looks nice!

 

As for literature, I love Haruki Murakami. But I want to read many more books by Japanese authors.

 

This may sound strange to you, but I really like the cleanliness of Japan and Japanese people.   Japanese tend to bathe everyday, they dress nicely, they take off their shoes at the door, and they value keeping things neat and tidy.  I admire that.

 

While working for Columbia College during the summers off from  university, I had the pleasure of getting to know hundreds of  Japanese students. I found them charming and again Japan kept calling to me.

I talked with everyone I knew who had ever lived and taught in  Japan. I got to know as many Japanese as I could in Vancouver, and then at 25 I decided that I would go to Japan and teach for a year. But I never left!

I taught at St. Mary`s College in Nagoya, ECC in Shibuya, Hon Atsugi, Fujisawa and Machida.  I also taught at the Machida YMCA.

One of my tenets through life has always been to try as much as possible to work smart. What I mean is, work hard but do not only live to work. Maximise your time at work and at play. As well, I wanted to make sure that I enjoyed my job. So I feel lucky to be an English teacher. And a guest house owner/manager.   That is why I started Kevin`s English Schools.

 

Teaching ironically is full of comedic opportunities. So now I am paid to be a funny teacher. I really enjoy it! I try to be funny when I write too. I have taught at Keio SFC. Now I teach at Komazawa Women`s University (Komajo), and I have taught at Tokai University for many years now.

I am a fan of Dr. Wayne Dyer and he has always striven to have more and more freedom in his life. Freedom in what he chooses to do, and financial freedom. That is the reason I started Kevin`s English Schools, Kevin`s Guest House and Merry Lue`s Guest House. I hope to make money from YouTube as well.   My friend Eric Berg, is doing just that, making money from his YouTube channel EricSurf6.   I admire him!

 

Teaching in Japan can be quite lucrative once you are here for a while. It is also very lucrative in terms of giving you a good life and free time for yourself. But a caveat: Certainly not lucrative like a doctor or a lawyer. But it is lucrative in time off I would say. Especially if you teach at a university, you can be blessed with time to enjoy life if you choose to be a part-time teacher.

 

Our fast paced, fast food society is so time-demanding. I look all around me and see many people working overtime at jobs they don`t really like. Does this sound like you? I hope not!

Some have stated either you can find a way to enjoy your job (if you don`t), or you can find a job you love. Some say follow your passion. Others, follow your skill. I guess we each have to decide which is the best philosophy for ourselves.

It is a tough call that everyone has to go through. I think I will always be looking for new challenges.

I love writing, and I love helping people. I enjoy being funny and I can do that when I write or teach. I love teaching, and meeting many different people while teaching English.

I look forward to meeting and teaching you in Shinyurigaoka, Machida, Minamiashigarashi or Odawara.

Kevin Burns

どうすれば英語が上達するのか?

どうすれば英語が上達するのか?

佐藤 かずや

私は自身の英語能力を上達させるための一番良い方法は、外国人と会話をすることだと思います。私の専攻は体育、スポーツそしてレジャーマネジメントです。私はアンディの研究室に参加しました。彼はアメリカ人で私が通う大学の先生です。私は海外のスポーツやレジャーについて学んでいます。

それは私の英語力を上達させる上でとても効果的です。私は外国人の先生と話したり、そして生の英語を聞くことで海外のスポーツやレジャーを学ぶことと、自分の英語力の上達させることの両方を行っています。わたしは「習うより慣れろ」という教訓を学びました。これは何かを他の誰かに教えてもらうよりも自身の体で覚えるほうが身につくという意味です。自分自身がやることは他の誰かがやっている所を見るよりもより効果的です。私たちは英語を学ぶことにおいても同じ事が言えます。私の意見では、日本人は英語を読んだり書くことは出来ますが、英語を話したり聞いたりすることは出来ません、なぜなら、日本の学校は実際に英語を話すことよりも、英語を書いたり翻訳することを通して学習することに重点を置いているからです。これが日本人の英語力についての問題であります。日本の政府はスピーキングやリスニングの授業を日本人の教育システムのために取り入れることを促進するべきです。もし日本人が英語を話す機会を得ることが出来れば、彼らの英語力はより良くなるでしょう。

ケヴィンズゲストハウス

ゲストハウスは箱根の近くで、神奈川県の南足柄市にあります。

ケヴィンズゲストハウス

 

カナダから輸入された家で、備品や家具のほとんどはカナダ産です。この家はブリティッシュ・コロンビアのクローバーデールに建設され、その後横浜に出荷されました。それを巨大なトラックに乗せ、南足柄市に持ち込んで、建て直しました。

それは、道了尊、最乗寺、大雄山通り、おんり〜ゆ〜の近くにあります。そしてパカブも近くにあります!

小田原から電車でわずか21分です。

この家は7人まで借りることができます!

家全体を借りるか、一部屋だけ借りることもできます。とても人気のあるゲストハウスです!

メリー・ルーのゲストハウス

 

img_1156

狩川の近くにアメリカ風のコテージがあります。 2つに分けた完全にプライベートなアパートメントです。小田原と箱根にもう少し近い所にあります。小田原から電車で11分です。箱根湯本から小田原は電車で15分です。

どちらのアパートメントにも5名まで借りることができます。もっと知りたい方は下のリンクをクリックしてください!

ケヴィンのゲストハウスへ

On Grammar

私は、入学試験に焦点を当てた戦後教育が社会を台無しにしていると思う。

– 澤隆光京都大学経済学部読売新聞、p12 1999å¹´12月14日

電子メールとモバイルテキストメッセージの言語の中には一般的な文法エラーが新たな言語として浸透しました。たとえば、 “あなた”の代わりに “u”、 “あなたの”の代わりに “ur”を書きます。そのような略語には様々な例がある。これらは間違いなく文法上の誤りではありませんが、誤りのある文章を作る可能性があります。

学生が最も頻繁にする文法ミスのいくつかを以下に示します。

•2つの過去時制が同時に使用されている。たとえば、 “didn’t knew”。これは間違いで、正しいのは “didn’t know”と書く。

誤ったアポストロフィを使用したときのエラー。 “Francis’ bike”は “Francis’s bike”と誤って書かれている。同じように、人々はまた、 “whose”や “who’s”、あるいは “its”や “it’s”などの使い方で混乱する。

• “i.e.”と “e.g.”を使用する際のエラー。i.e.は説明を提供するために使用される “that is”の略語である。また、e.g.は例を引用するのに使用される。

•もう一つの一般的な文法ミスは、 “who”と “whom”の使い方。whoが前置詞の対象であるのに対し、whomが導入された節の主題の人を指す。

•多くの時、私たちは “Than”と “Then”という言葉を誤って用いられている。Thanは比較に使用され、通常、より多く、より少なく、より背の高いなどのような単語に関連付けらる。Thenは時間を指す。例えば、「私は宿題を終わらせてからスーパーマーケットに行きます。」

これらは、日常的に手紙や書類などを書いている人々の一般的な文法ミスの一部です。もっと注意深く読んで文構成を気にすれば、このような間違いをより避けることができるだろう。

affectやeffect、ensureやinsure、choseやchoose、looseやloseなどのような言葉がある。私たちが生活の中で起こっている無数の文法ミスの中で、これらは参考になる例である。あなたがネイティブではないという事実にかかわらず、ミスはすべての人の間で共通していることを理解することが必要不可欠だ。

日本人の間違い

My mother is just a housewife. → My mother is a housewife. の方が良い。

I go to shopping. → I went shopping. の方が正しい。

Where from?→ Where are you from?の方が正しい。

I study on Tokai University. → I study at Tokai University. の方が正しい。

Do you know Hadano? → Have you heard of Hadano? の方が正しい。

Do you have arubaito? → Do you have a part-time job? の方が正しい。

“I like Hakone. Because it is beautiful. And it has hot springs.”

上の文よりも私はこれが良いと思う。

“I like Hakone because it is beautiful and it has hot springs.” それか “I like Hakone because it is beautiful. Also it has hot springs.”

“I like sports especially ice hockey. Because I moved to Hokkaido.”

上の文よりも私はこれが良いと思う。

“I like sports, especially ice hockey. So I moved to Hokkaido.”

本の名前「日本語学習者のための一般的な英語の誤りのA-Z」ケビン・バーンズより

日本人学生が作るいくつかのよくある間違い

“I like dog.”

“My like food is…”

“I very like…”

“I play ski.”

この本には日本語版と英語版がある。私は両方を持っている。日本語版は、日本の小学生以下の英語の学生に間違いを即座に説明するのに適している。英語版は、あなた自身と上級者向けに使用できる。

「日本語の英語学習者の間違いの多くは予測可能であり、共通の落とし穴を説明することでほとんどの間違いを避けることができる。この本のおかげで教師は学生に英語と日本語の両方で教えることができる。学生の言葉を客観的かつ非批判的なフィードバックを提供する教師は、学生が必要とする説明、例えば、通常は大クラスでは聞くことのできないことがあるときがあると思う。しかし、その本があることで個人的な学習機会を創造することができる。説明を書き留めておけば、必要な時にいつでも学んだことを学生が見直すことができる。」

– デイヴィッド・バーカー、著者

私はこの本の両方の版をお勧めする!