Blog

新百合ヶ丘英会話スクールで行われる初回授業

新百合ヶ丘英会話スクールで行われる初回授業は、火曜日の夜8時から9時で、大人クラスとなります。席は残りわずかとなっています。もし参加されたい方は是非お早めにお問い合わせください。

Contact Us!

Advertisements

Kevin’s Shinyurigaoka English School opens First Class

Our first class at our Shinyurigaoka English School is on Tuesday night 8-9pm. It is a class for adults. There are only a few seats open. So contact us soon if you want to join this class.

Contact Us!

Tel:08010095581

会話スクールに通うのは時間の無駄か?

英会話スクールに通うのは時間の無駄か?

英会話スクールに通うのは時間の無駄だと言う話を時々耳にします。

さらに、子供のレッスンはほとんど遊びだという人もいるようです。

Manabu, Hiromi, Masami。

ケビンズイングリッシュスクールで学び、アメリカの大学を卒業した

彼らに会ったことはないでしょう。

もちろん彼らはスクールだけでなく、自分自身で一生懸命勉強していました。

英会話スクールに通うことは、出発点なのです。

自宅でもたくさん勉強をしなくてはならないのです。

多少お説教のように聞こえるかもしれません。

でも、上にあるようなコメントを耳にするとがっかりしてしまいます。

しかし、これは日本中で起きているようです。

日本にもDavid Paul. Lisgo, Happy English Clubがあり、

英語を学ぶ方の手助けとなっています。MasamiやManabuもそうでした。

日本は信じられないくらい急激に変化しており、英会話スクールは

それを促進させている要因のひとつです。決して時間の無駄ではありません。

私達のような小さなスクールも、この国を国際化させるお手伝いを

しているのです。

私達は時々思い出す必要があります。

私達英語の専門職が、英語を学ぶ生徒さんたちの手助けをすることは、

長期目標であり、長期に渡るということを。

水泳を習うこととは違うのです。英会話を学ぶことは、ピアノを習う

ことと似ています。2,3回のレッスンでベートーベンの曲をお母さんの

前で披露することはできないでしょう。でも、泳いでみせることは

できるでしょう。英語を学ぶことは水泳を習うこととは違うと思って

下さい。しかし、残念ながら多くの方がそう信じているのです。

もし一年間だけ英会話スクールで習ったとしても、

私が何を話しているのかを理解できないかもしれません。

もう一度いいますが、これは長期に渡る目標であり、たった

一年間で生徒さんの進歩度をはかるのは難しいことです。

これは、10年間に及ぶプロジェクトなのです。

日本をより国際的にし、他国の文化ををもっと理解できるようなお手伝いを

少しでもする・・のが英会話スクールです。そして私達はゆっくりと

国際語を教えているのです。

何か間違っているでしょうか?

これ以上は思いつきません。

ケビンバーンズ

Labels: 英会話スクール南足柄市、英会話スクール小田原s

新百合ヶ丘の英語の先生であるケビン・バーンズについて

新百合ヶ丘の英語の先生であるケビン・バーンズについて

私の名前はケビンバーンズ、カナダのバンクーバー出身です。私は30年近く日本で英語を教えてきました。私はあなたに英語を教えられることを楽しみにしており、日本とカナダでの経験を共有したいと思っております。私はあなたの人生におけるあなたの経験を聞くことを楽しみにしています!

“好きなことを仕事にすれば、一生働かなくてすむ。”

– 孔子

私は日本の英語教師であることを楽しんでいました。私自身、日本とカナダについて多くの事を学んできました。あなたもきっと他の国での生活や仕事から多くのことを学んでいると思います。

私の3人の子供はバイリンガルです。私は子供たちを誇りに思います!私も日本語を話しますが、自分自身をバイリンガルになろうとは思いません。そのせいで多くの厳しい状況にぶつかりますが、何とか解決しようとします。

約7歳の時に私は頭の中で、いつか日本に行かなければならないという思いました。どうしてそう思ったのか正確には分かりませんが、日本の博覧会や東京オリンピックに関するドキュメンタリーを見ていたんだと思います。

私の人生はいつも私を日本へ行くように導いてくれているようでした。私の兄は、ある日、日本の友人を家に連れてきました。彼女の名前は久美子で、私にとても親切に接していた事を今でも覚えています。

私が12の時、地元のテニスのトーナメントでプレーし、最終的に私は日系カナダ人である岩崎健に勝ちました。彼と私は親友になり、日本の文化でたくさん包まれている彼の家によく訪れました。彼の家に訪れる時、私は彼らの黒い髪、深い茶色の目を見ることが楽しみでした。私は日本の食べ物を試し、日本の記念品や家具を見て楽しんでいました。私の家とは全く違っていました。

私はいつも自分の事を面白いと思っていました。私はある日、スティーブ・マーティンのような有名なコメディアン、またはマイケル・J・フォックスのような面白い俳優(バンクーバー出身)になれることを夢見ていました。

ブリティッシュ・コロンビア大学卒業後、舞台演劇の学士号(副専攻が歴史)を取得した後、コメディアンを目指しました。私はバンクーバーのPunchlinesとYuk Yuk`sでコメディー披露しました。私はインタビューを受けて、CBCラジオで小さなコメディーを披露しました。私は友達を笑わせました!

映画のKevin Burns、 “Love is Never Silent”

しかし、それは非常に困難だったことに気づきました。 24の時には、都市から都市へ、さまざまなコメディ会場で漫才をし、月に2,000ドルほどのスタンドコメディアンとして仕事をしていました。それは私にとって十分な額ではなかったです。

私は打たれ強い人間でした。20代後半にThe Tokyo Comedy Storeを創設しました。しかし、私は劇場やコメディーの内部での揉め事に飽き飽きして、英会話スクールの管理と指導に専念しました。The Tokyo Comedy Storeは今日まで続けられ、英語を話す人々の日常生活に笑いの休息を与えています。

写真:ケビンゲストハウス、箱根の近く

私が本当に欲しかったのは、白いピケットフェンスがある家と親切で世話をする妻と子供たちでした。私は仕事のためにいつも外に出たくなかった。だからゆっくりできる家が欲しかった。私はまた、時間とお金があるときに旅行したいと思った。

妻と私は箱根の近くにカナダの家を建てました。南足柄市にあり、airbnbでゲストハウスとして営業しています。また、もう一つ箱根の近くにアメリカ式コテージのゲストハウスもあります。

写真:メリー・ルーのゲストハウス、箱根の近く

私は日本が人生のためのすばらしい拠点となり、子供たちを育てる安全な場所だと思いました。楽しく、興味深く、財政的にとても良い強力な国で生活ができ、また、その価値の高い通貨を使って他の国に旅行することで、私は多くのことを見て学ぶことができました。私は日本で人生のほとんどを過せて幸せです。

しかし、私は日本語を話せますし、多くの人よりも長く日本に住んでいますが、私はまだ外人と呼ばれています。日本に29年も住んでいます。

時には警察の民族の違いによる職務質問がありますが、ここでは主に「外国人は臭い」というようなコメントである。幸いにも暴力的なことは何もありません。日本は一般的に見ると素晴らしい場所です。ほとんどの日本人は外国人について気にすることはありませんし、外国人のことが好きっていう日本人もいます。

教育法には優れた方法がたくさんあります。私は良い所得と旅行する自由があります。私は古い日本の建築物の建築と新しい建物のどちらも好きです。また、日本文化の多くの繊細な芸術、例えば茶道や生け花も好きです。

私はまた、着物や浴衣のような驚くほど繊細な芸術のある衣類、そして日本のアーティストが描いたすばらしい絵も好きです。

日本食もとても気に入りました。美味しくて、健康的で、見栄えもとても良いです。

文学に関しては村上春樹が好きです。これからはもっと日本人作家の多くの本を読んでみたい。

みなさんには、おかしいと思うかもしれませんが、日本人の清潔感が本当に好きです。日本人は日常的に入浴する傾向があり、きれいに服を着て、玄関で靴を脱いぎ、きちんと物を大切にしています。私はすごいと思いました。

大学からの夏休みにコロンビア大学で働いていた時、私は何百人もの日本人学生に出会えてほんとによかったと思いました。私は彼らが魅力的であると感じ、より日本への関心が高まりました。

日本に住んでいた人そして、日本に英語を教えたことがある人に会ってたくさん話しました。私はバンクーバーでできる限り多くの日本人に出会い、話をいろいろ聞きました。そして25歳で、私は日本に行き、1年間英語を教えることに決めました。しかし、1年間のつもりでしたが、気づいたら何年も教えていました。

名古屋のセントメリーズカレッジ、渋谷、本厚木、藤沢、町田のECCで教えました。町田YMCAでも教えました。

人生を通しての私の教義の一つは、常にスマートに働くためにできるだけ多くのことを試してみることです。その意味は、懸命に働くことは良いことですが、たまには遊ぶことも大事ってことです。仕事や遊びで時間を最大限に活用することがとても大切だと思います。また、私は自分の仕事を楽しんでいることを再確認したかったのです。だから私は英語の先生、ゲストハウスオーナーになれてとても嬉しいです。だから私はケビンズイングリッシュスクールを始めました。

皮肉なことに芸人になるためにたくさん経験してきましたが、その経験を英語を教えるのに役立てるられるので、面白い先生になろうと思いました。私は授業を本当に楽しみました!私は黒板とかに書くときも面白くしようとします。私はKeio SFCで教えたことがあり、今は駒沢女子大学(駒女)で教えています。また、何年も東海大学で教えています。

私はウェイン・ダイアー博士のファンであり、彼はいつも自分の人生において自由を増やそうと努力している人です。彼が選ぶ自由は、財政の自由です。それがケビンズイングリッシュスクール、ケヴィンズゲストハウス、メリールーのゲストハウスを始めた理由です。私はYouTubeからもお金を稼ぐことを考えています。私の友人のエリック・バーグは、YouTubeチャンネルEricSurf6だけでお金を稼いでいます。私は彼がすごいと思いました。

日本にしばらくいるのであれば、日本で英語を教えることはかなり収益につながるでしょう。また、良い生活と自由な時間を与えるという点でも非常に有利です。しかし、注意点:医者や弁護士ほどは儲からない。しかし、休暇について言うのであれば有利である。特に大学で教えるのであれば、人生を楽しむ時間に恵まれることでしょう。

日本は過度に働きすぎだと思う。周りを見ると、本当に好きではない仕事で残業している多くの人たちがいると思います。

ある人は今している仕事が好きじゃなくても、いずれ好きな仕事に変わるかもしない。またはあなたが愛している仕事を見つけることが大切だと思います。あなたの情熱、技術に従うことが大事だと思います。私たちはどちらが自分にとって最高の案かを決める必要があると思います。

誰もが避けて通ることが困難な問題だと思います。私はいつも新しい挑戦を今でも探しています。

私は書くことが好きで、人を助けるのも好きです。私は面白いこと好きで、書いたり、教えるときに面白いことをすることがよくあります。また、私は教えることが好きで、英語を教えながら多くの人々と出会うことも好きです。

私は、新百合ヶ丘、町田、南足柄、小田原でみなさんに英語を教えられることを楽しみにしております。

ケヴィンバーンズ